正しいブリーダーの選び方

ペットとブリーダー

パピヨンの足跡

病気の予防接種

ブリーダーである天使のパピヨンでは、子犬に適した
ワクチン接種を行っているので安心です。

注射


ワクチンの種類や特徴について相談することができ、
子犬のアレルギーや病気の予防についていろいろな
アドバイスを受けることができます。


ワクチンは体内に毒性を弱めた病原菌や不活化した病原菌などを投入することによって、
伝染性の病気などに対する抵抗力を作ることが可能です。


子犬の場合生後60日や90日、120日と3回接種することが理想とされていて、
最初の60日目は初乳からできた母子免疫により、効果が期待することができないので
「捨てワク」とも呼ばれています。


捨てワクでも最初の接種として重要で、抗体ができているか不安な場合、
動物病院において検査することが可能です。

病気の対策


抗体は血液検査により抗体価を測定し調べることができ、接種する場合
午前中にすることをおすすめします。


副作用などのアレルギーが現れた時に対処しやすいからで、特にパピヨンは
副作用が起こりにくいと言われています。


天使のパピヨンではきちんと接種していて、ブリーダーはいろいろな注射に
精通しているので、気軽に相談することができます。


混合ワクチンを接種しましょう


狂犬病のワクチンは接種することになっていますが、パピヨンのような
小型犬の子犬の場合、狂犬病より混合を優先することをおすすめします。


両方とも混合は毒物になるので、同時に接種することはできません。
子犬にとって5種や8種などの混合は生命に関係する大切なもので、
混合によって免疫をつける病気は子犬を危険に脅かすウィルスになります。


予防効果を得ることができる混合を優先し、免疫をつけてから
狂犬病の予防接種を考えても良いでしょう。


パピヨンの大きさを考えると副作用に注意が必要ですが、
時期は最低1ヶ月以上あけることをおすすめします。


自治体によって費用が異なることがあり、接種すると犬用の登録証をもらうことができます。


注射は毎年ほとんど価格が統一されていて、リーズナブルな価格で
利用することが可能です。


ブリーダーに相談すると適切なワクチン接種時期を教えてくれたり、
接種する前のパピヨンの体調管理などについて気軽に相談することができます。

インコ  飼いやすいペット  かめ  おすすめの種類 フクロウ