正しいブリーダーの選び方

飼いやすいペット

パピヨンの足跡

パピヨンは毎日の毛のお手入れが肝心

パピヨンはシングルコートの犬種ですが、
ダブルコートの犬種のように抜け毛が多いので
飼育上注意が必要とされています。


犬の体毛は2種類のタイプがあり、皮膚を保護する役割の
オーバーコートと、体温を保ったり保湿性をキープする
アンダーコートが存在します。


ダブルコートの犬種は、換毛期という春から夏にかけて毛がごっそり抜ける季節があり、
体温を保つ役割を果たすアンダーコートが主に抜けます。


人間が季節によって衣替えをするように毛がごっそり抜けるわけですが、
シングルコートの犬種は身体中を被う毛しか無いため、換毛期が訪れることもありません。


そのため、シングルコートにあたるワンちゃんは家の中でも飼いやすく、
部屋に抜けた毛をばらまかないため掃除もしやすく管理がしやすいことからも
ブリーダーも飼育上、手間要らずでペットを初めて飼う方でも
育てやすいという評判が目立ち、家の中でも飼育がしやすいという特徴があります。


しかし、パピヨンはシングルコートの犬種でありながら毛が抜けやすいため、
きちんとケアをしてあげる必要がある、デリケートな肌を持つワンちゃんでもあります。


そのため、毎日ブラッシングを行い肌を優しく至ってあげることが重要です。

毛の手入れ

 

パピヨンの抜け毛は甘く見るのは厳禁


パピヨンは毎日の毛のお手入れが大変ですが、手入れを怠ってしまうと
皮膚が不潔な状態になってしまい、それに伴って皮膚病を引き起こす可能性が出てきます。


皮膚に疾患が発症しますと、身体の臭いがきつくなったり
皮膚からのフケの量が増えたり、患部をしきりに舐めたりするなど
何らかのサインが現れます。


また、パピヨンも含めて犬は表皮が薄いため、温度差や湿度に対して非常に敏感です。
身体中毛で被われているため寒さに強いですが、暑さや多湿などには弱く
表皮が薄いため、人間よりも皮膚疾患を患いやすいです。


犬にとって痒みは非常にストレスであり、抜け毛によって
皮膚病を引き起こし患部を舐めたり、噛んだり引っ掻いたりする行動が
頻繁に起こりますと、二次感染が発症してしまうケースもあります。


これらの行動は皮膚バリアの機能を低下させ、身体の至るところに
症状が拡大することもありますので、ブリーダーの方や飼い主の方は注意が必要です。


犬は人間のように言葉で直接気持ちを伝えることができませんので、
普段とは違う仕草や行動を注意深く観察し少しでも怪しいと思ったら、
獣医に診察をしてもらうなど素早い対応が必要となります。

獣医の診察


そのような事態にならないためにも、日頃からブラッシングや
必要に応じてトリミングを行うのが大切です。

インコ  飼いやすいペット  かめ  おすすめの種類 フクロウ