正しいブリーダーの選び方

飼いやすいペット

パピヨンの足跡

中世の貴族の愛玩犬|パピヨンが日本に来たのは?

たくさんの犬種がある中でも、とても人気が出ているのがパピヨンです。


小型犬として家の中で買う事が出来、可愛らしい耳や大きな愛らしい目に
魅せられている人がたくさんいます。

今飼われているのはシングルコートのパピヨンがほとんどですので、
毛の手入れもしやすい点から考えても比較的飼いやすいようになっているのも
人気が高い理由になるでしょう。

パピヨンが選ばれる理由

そんなパピヨンは日本ではほとんど飼われていない犬でしたが、
いつ頃からくるようになり広まっていったのでしょうか。

日本に来るようになったのが、1960年代頃になりますので、
それから急速に広がっていくようになりました。

ブリーダーの手によってどんどんパピヨンの赤ちゃんが誕生するようになり、
広まっていったという状況です。

パピヨンの赤ちゃん
パピヨンが飼いたいのであれば、ブリーダーの手によって大事にされてきた
血統書付きの犬を探した方がいいですので、赤ちゃんの誕生情報を調べてみるといでしょう。


何十年もの間、パピヨンだけを育ててきている短犬種のブリーダーであれば、
パピヨンの事がよくわかっていますので信頼が出来るはずです。


初めて飼育をする人でも飼育がしやすいようにしっかり説明をしてもらえるからこそ、
安心して飼う事が出来るようになります。


いくら飼育がしやすい犬種だとはいっても、初めてであればわからないことも多いですし
不安なこともたくさんあるはずです。


そんな時に頼りになるブリーダーだからこそ、相談をする事も出来ますし、
色々教えてもらう事が出来るのです。


購入を検討する時には、どのような環境の中で飼育をされてきたかも重要ですので、
衛生的な犬舎であるかどうかを確認しておいた方がいいでしょう。


安全で清潔な状況で飼育をされてきたからこそ、これから引き継いで飼育をしていく上でも
安心して飼うことが出来るので、どんな状況かは確認しておかなくてはなりません。


健康で運動能力も優れたパピヨンであれば、これからを一緒に過ごしやすくなります。

インコ  飼いやすいペット  かめ  おすすめの種類 フクロウ