正しいブリーダーの選び方

ペットとブリーダー

パピヨンの足跡

チャンピオンの血統を継ぐ子犬

天使のパピヨンは、茨城にパピヨン専門の
犬舎を有するブリーダーです。


パピヨンの名前の由来は蝶に良く似た耳から来ており、
中世のフランス貴族にとても愛されました。


マリーアントワネットがペットとして飼っていた事等でも知られています。


起源は諸説ありますが、大体700年程前ではないかと言われており、
当初は今の様な愛玩犬ではなく、狩猟や牧畜に使われる犬でした。


ですが、小型でしつけがしやすく、人に懐きやすくかなり賢い事等から
次第に現在の様な形にまとまっていったという流れがあります。

天使のパピヨンは、そんなパピヨン達が健康で元気に育つ様に多くの配慮をしています。

育てる配慮


毎日の清掃や消毒、シャンプーや耳掃除等をブリーダー達が入れ替わりで行っており、
ストレス解消の為に元気に遊ばせる事等も忘れていません。


見学は随時受付中であり、飼主によっては以前に犬舎で育っていた
パピヨンを連れて遊びに来る事もあります。


育てる上での悩み相談も、ブリーダーが丁寧に請負ってくれますので
パピヨンに興味がある場合は、1度訪れてみるのも良いかと思われます。


チャンピオン犬の血を引く子犬もいる


天使のパピヨンで育っているパピヨンの子犬達は、何れも血統書を持っています。

血統書を持つ

ジャパンケンネル倶楽部やケンネル倶楽部、日本福祉愛犬協会等から
発行される物であり、昨今はDNA検査も入って来ていますので
認定条件はとても厳しいです。


対象になるパピヨンの両親だけで無く、先祖代々純血種である事が必須条件であり、
毛色も43種類に決まっていて、1つでも外れてしまうと純血種として認めてもらえません。


その犬のスタンダードをしっかり守っているかが、ブリードの際にも重要ですので、
外せないポイントがとても多いという事です。

そして、天使のパピヨンの中には、チャンピオン犬の血を引いている子犬も少なからず居ます。


インターナショナルチャンピオン、JKCチャンピオン、スウェーデンチャンピオン等、
多くの実績がある両親から生まれた子犬達です。


こういった条件が整った上で、健康的な環境で育っていますので、どのパピヨンも皆元気です。


もしも興味がある場合は話を聞きに行ってみるのも良い選択かと思われます。

インコ  飼いやすいペット  かめ  おすすめの種類 フクロウ